右京区西京極 西京極・西院・四条中専門 進学塾 湊-みなと-

2020年3月24日、右京区西京極で始まる進学塾 湊 -みなと- のストーリー。生徒たちが自然と集い、励み、認め、高め合える場をつくります。京都生まれ京都育ちの代表。この地域の子どもたちの夢を叶えます。

親の気持ちが分かるでは不十分

最近は、親になって…が多い気もするが。 朝お腹の上にドシンで起こされて、「ねぇねぇ、見て」攻勢を受け続け、うんちを交換して、慌ただしく保育園に行っても、やっぱり我が子は愛おしく。 成長してくると、一人の人格として認めるのと並行して親の希望、は…

どんな子に成長してほしいか

たくさんの生徒と保護者さんとお会いしてきて。 実際に自分が娘を育てる立場になって。 意見を言えたり、考えられたり、行動できたり、数え上げればきりが無いほど望みというかはあるけど。 これが世の親の気持ちなんだろうなと思いながら。 「人の話を素直…

子育てに間違いなんて無い

「私の育て方が悪かったのです。」 頼むからやめてくださいよ、涙が出る。 その子が生まれてから十数年がたって、今も元気に生きているじゃないですか。 ほんの少し勉強ができなくたっていいじゃないですか。 運動が人より少し苦手だっていいでしょ。 朝起き…

1か0かの覚悟を

世の中に完全に白か黒かのことなんてない。 いくらかは黒が混ざったグレー、またその逆。 努力も1か0かではない。 もちろん1の出し方を学ぶ期間の0.4はあるのかもしれない。 でも、1でなければ0くらいの覚悟はほしいところだ。 これは1でないと知り…

個別生の募集停止

個別生の募集を停止いたします。 今後新たなスタッフとの出会いがあれば募集を再開する予定です。 集団生は各学年まだ席がございますのでご連絡いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

はじめてのお断り

「うちで続けるのは難しいと思います。」 先日はじめて入塾のお断りをした。 子どもたちの可能性を広げこの地域の教育水準を上げるために湊を開校した。 だから、どんな生徒であっても、今がどんな学力であろうとも、本人に頑張りたいという気持ちがあればお…

湊でなければ

手前味噌であるが、湊だからここまで成長したという生徒が何人かいる。 他の塾ならこの生徒はどうなっていただろうか。 勉強ができない子、頑張らない子のレッテルを貼られて、それでも通い続けていたのだろうか。 はたまた、壁という壁を用意されず、厳しい…

一番必要なのは家庭の理解と協力

春期講習中の湊。 新中1生は毎日塾に呼んでいる。 授業があっても無くても関係無し。 もちろん保護者さんには連絡をしてある。 新中1は英語が難しくなる。 教育業界ではずっと言われてきたことだが、多くのご家庭に伝わってないことが歯痒い。 実はいける…

小学6年生のチラシ作成

前回小6が熱いという話をしたが、果たしてその勢いやとどまるところを知らず。 ついに湊のチラシを作りたいと言い出した。 途中経過を見せながら、手助けは求めない。 自分たちで考えた文言をパワーポイントで並べ作成している。 その文言の一つ一つが自分…

そんな勉強であればいい

新小6が熱い。 以前から中学生並みに自学にきて勉強していた学年だったが、最近はその自学が湊で教えていない理社にまで伸びてきた。 中3生の復習に使用しているテキストを前から進め、わからないところは置いてある漫画で補っている。 それでもわからない…

そういうこと

湊では今日から春期講習開始。 最初に教室に来たのは新中2の男子。 お母さんが積極的に塾に行くように声掛けをしてくれている。 おかげで毎日自学が板についてきた。 2人目は静岡の難関高に合格したあの女の子。 卒塾しても、静岡へ引っ越すまでの期間でい…

小学生から塾に

「私語とかじゃなくて、授業の内容で、先生とみんなの話が盛り上がるっていうのがいいねんな〜」 体験授業の感想がこんな小学5年生います? 多くの小学生は授業に楽しさを求めます。 その楽しさは学問的な楽しさではなく、その場の楽しい空気であることが多…

失敗は無駄ではない

前期で挑戦、中期でリベンジという京都の入試の性格上、前期で不合格を経験する生徒が一定数いる。 同じ高校でも前後期で難度が違うのだから、志望校が中期でギリギリの生徒はつらいところだ。 大阪から京都にやってきて久しぶりにこの前後期型の入試を体験…

天命を願う

今は無きブロックバスターが全盛だったころ。 カルガリーのダウンタウンから夜帰る方法が無くなって歩いたことがある。 昼はバスに乗っていたから大した距離だとは考えていなかった。 実際に歩き始めてみると歩けど歩けどホームステイ先に辿りつかない。 外…

ありがとうございます

湊っ子でひとり、静岡県の公立を受験する生徒がいる。 今年の3年生で一番早くに受験生になったあの子だ。 今も変わらずみんなを引っ張って先頭を走っている。 本番を数日後に控えても、英作や社会一問一答などいつもと変わらないルーティンをこなしてから他…

無駄な時間なのか

現在、社員が1人とバイトが3人の湊。 バイトは京大生、京大生、同志社大生という布陣。 能力だけでなく人間的にも尊敬できる。 今、その京大生が目の前で数読に挑戦している。 好きな音楽をかけながらノリノリで。 先ほどは今年の京大の数学に挑戦していた…

帰らない、の?

授業が終わっても生徒たちがなかなか帰らない。 「帰る用意をしているんですけどね…」なんて言いながらしていない。 いろいろと言い訳をして、グダグダしながら生徒たちがいる。 わかっているんですよ。 授業が終わったらすぐに家に帰した方が良いってことは…

本当の成長とは

今日は前期入試の合格発表だった。 倍率が高く難しい入試で悔し涙もあった。 もちろん合格は嬉しかったし不合格は悲しかったが、授業の無い今日、中3の全員が揃ったことの方が強く心を打った。 合格したその日に遊ぶことなく、みんなやってきて中学の復習を…

挑戦する勇気

何かに挑戦する勇気はどこからくるのか。 それは自己肯定感から。 僕には力がある。 きっとうまくできる。 やってみよう。 自己肯定感はどこからくるのか。 何かを成し遂げた満足感や達成感から。 これをやりきった。 以前よりもできるようになった。 僕は成…

学力を唯一の基準にしない

「兄の方は割と自分で何でもするんですが…」 懇談で弟くん自身は肩身の狭そうな様子で話を聞いている。 (兄は勉強が良くできて良い通知表で良い高校へ行った。僕は…) こっちまで声が聞こえてきそうだ。 学歴は大切でこの世の一つの基準であることは間違い…

つながる瞬間は必ず来る

開校初年度で一番大変なのが受験生。 3月末から開校して、6月や7月に、夏前に入塾した子もいて、そういう子に限って中1・2年の基礎が全く無い。 それでも、近道なんてないからまずは量でカバーするしかなくて。 基礎の基礎から。 どこかでつながるのを…

京都おこしやすAC

見知らぬ番号からの電話があり、またいつもの営業電話かと思い出てみる。 「…京都おこしやすACと申し、ます。」 AC!? かろうじてサッカーだととわかった。 しかしサッカーチームが塾に何か? 少し不安を残したまま今日お会いした。 「サッカー一筋で電話の…

言語化したあとは

人に伝えるために、自分自身に確認するために言語化したあとは行動する。 その指針に従ってただ行動する。 周りは関係ない。 自分の正しいと信じるものに従って行動する。 少しずつ形は変わっていったとしても芯の部分は変えない。 決してたがえてはいけない…

言語化するということ

新しい先生を迎えて数日。 大学が春休みということもあり、近くにお住まいということもあり、ほぼ毎日研修をしている。 今まで意識的・無意識的に大切にしてきたことを一つ一つ言葉にして伝えていく。 人に伝えているはずが段々と自分に言い聞かせている気持…

モンテッソーリ

モンテッソーリ教育に関する本を読んでいる。 最近の娘の成長が驚くべき速さで、どういった過程で成長するのかを知りたいと思って。 月齢で示してくれている行動リストからまだ表に出ていないことを試してみる。 すると、やっていなかっただけで本当にできた…

どの道にもプロフェッショナルはいらっしゃる

開校のときにいただいた植物がすくすくと育っている。 生い茂ってきて手に負えなくなってきてどうしようと思っていて。 葉っぱについぞ見たことのない斑点が出ていたりして。 「誰か観葉植物に詳しい人いない?」と大声で生徒たちに問いかけるほど困っていた…

必要なのは諦めない心=人間力

先日身内の集まりで実家に帰ることがあった。 そこでお会いした義弟の妻のお父さんと長時間お話をさせていただいた。 その方は日本の企業から中国に出張し9年。 そこから取引のあった中国の大企業にヘッドハンティングされ6年間勤められた。 自分が他の人…

字は体を表す

一時間ほどで面談が終わりましたが、メールの文面から受けた印象のままでした。 まさに字は体を表すというやつですね。 私自身はひとかどの人物になろうと思うなら他の人より努力するのは当然だと思っています。 ただし、それを他人に求めることは無くなりま…

言葉の端々に

初めて外からのバイト応募があり、本日14時から面談をする。 まだお会いしていないが、すでに来てほしいと思っている。 メールのやり取り、その一言一言から実直できちんとした人物像が想像される。 人柄が滲み出る。 教える技術や細かなところは後からい…

決して機会を奪わないように

学年を問わず自分の殻を破る瞬間の生徒がいる。 自分であれやこれやと試行錯誤して、失敗と反省を繰り返し挑戦している。 傍からみていると、まだまだ改善の余地があり「それ…」と声をかけそうになる。 そこでぐっと我慢して数秒黙って見守っていると、自分…